私「母上の就活話聞かせて」母「書類送るだけで内定が出た」私「は?」

今日のPick up!

私「母上の就活話聞かせて」

母「参考にならんぞ」

私「まぁ、いいから」

母「書類送るだけで内定が出た」

私「は?」

母「バブルの時代なんてそんなもん」

私「なら、書類送るだけで内定貰ってたような人たちが、50代くらいになって面接とかで学生を吟味してるん?」

母「せやな」

私「つら」

 おすすめ記事

これだから親の言うことは信用できないんだよなぁ
就職した方が安定するって言われるけどバブル崩壊したから安定はしてないんだよなぁ
その世代の直後から長い氷河期が続くんだけどな
入社祝いに会社から車を買ってもらえるところもあったなぁ。

これがネタじゃなくてマジだから困る

弊社役員クラス
「俺らの時代、就職試験受けに来ただけでお金貰えてたわ。一社当たり最低一万くらい」

僕「うちもそれをやればいいんじゃないですか?」

敵「できるわけないだろ、バカか?」

???🤔🤔

あったり前やん。スマホはおろか、携帯電話もパソコンすら無い時代に就活そのものが無い。
うちの母親これなんだよなぁ
「女の子なんだからにっこり笑ってれば内定貰えるわよ」って真面目に言っちゃうからね…
まぁイージー内定から始まっても、そこから何十年も働いてる人たちは苦労してると思うので、面接する事に異議はないけど🙌
書類どころかうちの親父なんて、履歴書ろくすっぽ見てもないのに「明日から来れるか?」と言われたらしいぞ
父親に聞いたら面接会場までのタクシー代金とお土産をくれるらしい
今と一部を除いて同じだったんだよね。
高度経済成長で会社は人手が欲しかった。そして金は有り余ってたって感じだよね
今はいかに金を出さないで使い捨て出来そうな人間を見つけるか必死やな
このように「バブル世代は幸せな世代」とか言われるけど、そのたった数年前は不景気ってことで就職口なくて、とくに工学系は散々だったんだよ。団塊とバブルの狭間は大変だった。

内定者の囲い込みのために、飲み会や泊まり込み旅行とか、あったそうな。。。

バブル世代以上のお話は、次元が違い過ぎて参考にならない。やたら家買え、車かえって言ってくるし笑。

すごい方々もいるのは確か。ごく少数。

日本の世代間ギャップ、面白い!アフリカもあるのだろう。独立時代は〜等

当時、電話一本という話も聞いたな。

うちの母もそういうことらしくて就活なんて頑張んなくていいよって言われるんだけど絶対違うし、てめぇの言葉なんて誰が聞くかよという次第でございます

つまりは世の中ってクソ

シェアする

 おすすめ記事